MENU

不動産投資における失敗とは?

不動産投資に限ったことではなく、株式投資やFXなどのいわゆる「投資」と呼ばれるものには必ずリスクが伴います。その中でも不動産投資は「ミドルリスクミドルリターン」と呼ばれていますが、どんなに気をつけていても失敗しない保証があるわけではありません。では、不動産投資における「失敗」とはどのようなものがあるのでしょうか。

空室率が高いケース

不動産投資における収入の大部分は「家賃収入」になります。この家賃収入がローンの返済額などの支出よりも少ないと、当然キャッシュフローはマイナスになってしまいます。家賃収入が少ないということは空室率が高いということなので、空室率が高い=不動産投資に失敗しているという見方もできます。
つまり、空室率を改善することが非常に大切になってきます。空室率の改善には管理会社に客付けの強化をお願いしたり、リフォームやリノベーションをしたりする方法がありますが、どれも一朝一夕でできるようなものではなく、長期的な改善計画が必要になってきます。

アパートローンの金利が高いケース

上記では「収入が少ない」ということに焦点をおいてお話ししましたが、次に失敗のポイントとして挙げられるのが「支出が多い」というケースです。不動産投資における支出の中には、原状回復や外装工事などの修繕費や共用部の水道光熱費などがありますが、大部分をローンの返済が占めていることがほとんどだと思います。つまり、このローンの返済額を削減することができれば、キャッシュフローを好転させることができるのです。

不動産投資における失敗には様々なものがありますが、最も多い例が上記の2つであると思われます。失敗を成功に転換させるためには、「収入を増やす」か「支出を減らす」の2つしかないのです。
アパートローンのお医者さんでは、アパートローンの見直しのご提案はもちろん、様々な専門家による不動産投資のご相談も承ることが可能ですので、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

お名前
お名前(フリガナ)
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お住まいの都道府県
ご連絡希望時間
ご相談内容
ご質問など

お客様からご提供いただいた個人情報につきましては、
お客様とのご相談、お取引以外の目的には使用致しません。
個人情報の取り扱いに同意いただける場合は以下にチェックを入れてください。